HOME > 歴史文化 > 仏ヶ浦裂き織り

仏ヶ浦裂き織り

sakiori1.jpg

sakiori2.jpg
sakiori3.jpg
写真をクリックして拡大

 裂き織りは、古布を裂いて横糸に使う織物です。古い布を再利用する、エコ織物ともいえるかもしれません。
 綿が貴重だった江戸時代に起源をもち、青森県内・南部地方の各地で受け継がれています。
 佐井村の裂き織りは、自由な作風が特徴です。特定の作家が教え広めたのではなく、それぞれの家や友人同士で、高めあった結果といえます。落ち着いた色から派手な色まで、さまざまな作品がそろっています。
 裂き織り製品は、すべて少しずつ違う「1点もの」です。ぜひ手に取ってお気に入りを探してください。



 裂き織りは、アルサス1階の裂き織りコーナーで販売しています。
 地元の作家が共同で運営しており、コースターや名刺入れなどの小物から、帽子、かばん、ベストなどの大型の作品まで、青森県内でも屈指の多彩な品ぞろえとなっています。
 織機も設置されており、お時間のある方は裂き織り体験も受け付けます。

場所
アルサス1階  →アルサスについて
営業期間
4月下旬~10月下旬
営業時間
9時ごろから13時30分ごろまで



sakiori4.jpg