HOME > 歴史文化 > 箭根森八幡宮

箭根森八幡宮


DSC_2715_1000px (3).jpg

古佐井地区と大佐井地区を分ける小高い丘の上に、
通称「八幡さま」として鎮座しているのが箭根森八幡宮です。

創建年月は不明ですが、元禄九年(1696年)に南部藩田名部代官所に
神輿渡御御執行を願い出ていることから、それ以前より存在したと推測されます。

祭神は、誉田別尊や月読尊などで、武運や厄除け、海上安全、
航海、漁業など幅広い御神徳があります。

境内には縄文時代の遺跡があり、
箭根石(矢じり)や土器などが多く出土しています。
現在は、アルサス2階の海峡ミュウジアムで出土品をご覧いただけます。

毎年9月14〜16日の箭根森八幡宮例大祭は、
元禄九年(1696年)に始まったとされ、
北前船の影響から京都祇園祭の名残を残す盛大な秋祭りです。

※箭根森八幡宮ウェブサイトにて詳細をご覧いただけます。
http://www8.plala.or.jp/yanonemori/index.html

DSC_2616_1000px.jpgDSC_2617_1000px.jpgDSC_2630_1000px.jpgDSC_2711_1000px.jpgDSC_2730_1000px.jpgDSC_2734_1000px.jpg

箭根森八幡宮 関連情報

【住所】佐井村字八幡堂37 →GoogleMapで位置を確認する
【TEL】0175-38-4515(佐井村観光協会)
【駐車場】なし(アルサス駐車場をご利用ください)
【ウェブサイト】http://www8.plala.or.jp/yanonemori/index.html