津軽海峡交流圏郷土芸能祭 in 下北・佐井村

道南・津軽・下北の郷土芸能が大集合!
江差追分、津軽民謡・津軽三味線のステージ、
そして、佐井村が誇る「福浦の歌舞伎」「矢越歌舞伎」がそろい踏みするのは、滅多にない機会です。
下北でほとんど上演されることのない、江差町の郷土芸能「土場鹿子舞」も!

2019年6月30日(日)15時開演予定
津軽海峡文化館アルサス しおさいホール
主催:佐井村 
共催:北海道檜山振興局・江差追分会・NPO法人かなぎ元気倶楽部
入場無料

北海道新幹線の開業をきっかけに、津軽海峡をはさんだ北海道の道南地域、青森県の津軽地域、そして下北地域の交流が盛んになりました。
そうした中で、それぞれの地域で伝承されている独自性のある「伝統芸能」に着目し、
他の地域の魅力を発見するとともに、自分たちの地域の魅力も再発見する。
そして、互いの活動にヒントを得ながら、今後に向けた取り組みを行っていく。
そういった目的で、津軽海峡交流圏の郷土芸能交流が行われています。

2017年に江差町、
2018年に五所川原市金木で行われた郷土芸能祭は、
今年は下北・佐井村で開催!
ぜひご覧ください!

     はじめての方へ
佐井村について調べる
  • 自然
  • 歴史文化
  • 体験
  • 宿泊
  • グルメ
  • 買い物
  • アクセス

  • パンフレットのダウンロード
  • 佐井村観光協会会員
  • お問い合わせ