HOME > 自然 > 仏ヶ浦

国指定天然記念物 『仏ヶ浦』

 仏ヶ浦の原型は、約2000万年前の海底火山活動によって形作られたといわれています。 神秘的に並ぶ巨岩・奇岩の中には、岩に名前や言い伝えがあったり、源義経の伝説にまつわる岩も存在しています。 仏ヶ浦の凝灰岩はもろく崩れやすく、表面が常に浸食されているので植物が根付きにくくなっています。 海岸を歩いてみると岩が崩れ落ちる音が時折聞こえ、実際に小さな岩が斜面に沿って大量に堆積しているのがわかります。

仏ヶ浦へのアクセス

船によるアクセスと車+徒歩でのアクセスがあります。
船をご利用の場合には、上陸時に仏ヶ浦をガイドがご案内します(15分程度)
仏ヶ浦は国定公園に指定されており、自然保護の観点から、売店を設置していません。 飲み物などが必要な場合は事前にご用意ください。
ゴミは必ず持ち帰りましょう。)


より大きな地図で 仏ヶ浦関連マップ を表示

佐井地区から観光船を利用する

仏ヶ浦を海上から見るのはもちろん、途中では願掛岩などの沿岸の景色を楽しめます。

所要時間 1時間30分(乗船片道30分、上陸時間30分)
営業期間 4月20日~10月31日
受付場所 アルサス1階→地図
出発時刻 9:00、10:30、10:40、13:00、14:00
上記時間以外に、臨時便が出る場合があります。臨時便については、観光船の運航会社に確認してください。
予約 HPから、または電話で予約可能です。観光船の運航会社が2社ありますので、いずれかにご連絡ください。
佐井定期観光(株)
仏ヶ浦海上観光(株)
料金 往復 2400円、片道 1300円(小学生半額、幼児無料)
団体割引(15名以上)あり 予約時お問合せ下さい
注意事項 天候・海の状況により出航できない場合、着岸できず海上遊覧のみとなる場合があります。
片道のご利用の場合、帰りの手段はご自身で手配いただく必要があります。
満席の場合もありますので、ぜひ事前にご予約ください。

牛滝地区から観光船を利用する(夢の海中号)

コバルトブルーの海を海底散歩!海の中が見えるグラスボートです。

所要時間 片道15分(往復の場合、乗船片道15分、上陸時間30分)
営業期間 5月1日~10月中旬 営業時間は7時30分~17時
受付場所 牛滝港→地図
問合せ 電話 0175-38-5818・0175-38-5018(夢の海中号)
料金 往復 1,000円
注意事項 天候・海の状況により出航できない場合があります。
牛滝港へのアクセスは、車を使う方法と、定期船(ポーラスター)を使う方法があります。
定期船の情報はこちら→ シィライン株式会社

車+徒歩で行く

船が苦手な方、長時間仏ヶ浦を満喫したい方などは、車+徒歩でも行くことができます。 →地図

  • 展望台
    • 道路沿いの駐車帯に展望台が整備されています。
    • 遠くからではありますが、仏ヶ浦を眺めることができます。
  • 駐車場~遊歩道
    • 駐車場から仏ヶ浦までは遊歩道を20分~30分降ります。
    • 途中、ベンチ等が設置されています。
    • 杖の無料貸し出しがあります。
  • ガイドについて
    • 船の運航がない11月~4月のみ、歩いてのガイドに対応しています。詳しくは [くるくる佐井村](電話 0175-33-0014)へお問い合わせください。
  • 注意事項
    • 積雪がある場合は立ち入り出来ません。
    • 時期によっては熊などの野生動物と遭遇する可能性が高いです。船の利用を推奨します。
    • 佐井地区から川内・脇野沢までの間、ガソリンスタンド・コンビニはありません。